アーガイルディッシュ, シンプル素材

アーガイルディッシュ シルキーゴートミルク

title_contents_r2_1
argyledishes

「おいしさを、安心を」、これからの世代に伝えるため。
アーガイルディッシュは生まれました。

私達が食べている有機野菜やお肉をそのままに、ペットフードに仕上げました。それは単にオーガニック素材を使用したということでなく、焼きあげて袋詰めされた最終完成品が認証オーガニックとして認定機関から保証されているものです。

外見での認証されたオーガニック商品と他との違いとは、パッケージに「有機認証ロゴ」の表示ができるかできないかくらいの違いで、袋をよく注意して見ないと気づかない程度のものです。たったそれだけの違いに多くの労力や時間を費やすのは非効率と思うかもしれません。しかし、その背景は大きく異なります。幾多の基準を遵守するために費やした長いプロセスとそこから得た経験こそが、自信をもって本物のオーガニックの品質と安全性を正しく皆様へお伝えできるものとアーガイルディッシュは信じております。 

日本人が日本の愛犬、愛猫の生活環境や食習慣を考慮し作った、日本生まれ、オーストラリア育ちの認証オーガニックペットフードがアーガイルディッシュです。

item2_1-6

item2_2-1

シルキーゴートミルク
オーストラリア産ヤギミルク

150g 2,520円

 

 

item2_3-5

オーストラリアではザーネン種、アルパイン種など温帯地方を原産とする山羊からミルクを生産しています。

シルキーゴートミルクは、ビタミンやミネラルを豊富に含むアルファルファを主食とした自然放牧の山羊からのみ搾られたミルクを使用しています。生産効率を上げるためのホルモン製剤投与や、人為的な光周性操作などをせず、ストレスを与えない山羊から搾乳された安全なミルクを使用しているので、安心してお使いいただけます。年間を通しての生産量が少なく希少なミルクです。(入荷した分だけの販売となります) 100%純粋なゴートミルクで、水溶性に優れ、使い勝手がよいミルクです。

シルキーゴートミルクはオーストラリア東部地域の山羊から搾乳したミルクです。春から夏にかけて(9月から1月)が山羊の搾乳時期になります。 ホルモン剤等を使用しない自然搾乳のため、それ以外の時期はほとんど生産することができません。

【牛ミルクとの違い】

牛は牧草を常食としますが、山羊は草だけではなく木の葉や樹皮、低木などにも高い嗜好性を示すので、どんな家畜よりも多くの微量元素(有機体内に発見され、生理過程に重要な鉄、亜鉛、銅などの元素)と多種多様の栄養素を取り入れています。そのためゴートミルクには、ミネラル、電解質、微量元素、ビタミンなどが豊富に含まれています。これらはエネルギーやたんぱく質、酵素を作るのに必要です。牛乳アレルギーの原因のひとつであるαS1-カゼインは含まれておらず、人間の母乳に含まれるβ-カゼインが多く含まれています。また、乳清中の主要タンパク質であるβーラクトグロブリンもゴートミルクと牛乳では性質が異なっています。 小さな脂肪球の割合が牛乳よりも多く、消化を助ける酵素を含んでいるため消化吸収性に優れています。

【よくある質問】

●下痢や便秘をおこしやすい体質だけど大丈夫?

ゴートミルクは牛乳に比べ小さい脂肪球の割合が多く胃の中でも凝乳(タンパク質の凝固)がやわらかい(乳タンパク質が消化されやすく、アミノ酸が吸収されやすい)という特性を持っています。そのために下痢や便秘をおこしやすい犬猫や、病気で体力が落ちた場合でも比較的容易に消化吸収できます。

●ゴートミルクのビタミンやミネラルが多い理由は?

牛と異なり、山羊はいろいろなものを食べるからです。雑草や木の葉や細かい枝を好んで食べます。山羊と牛の生乳成分を比較すると山羊のほうが優れている成分が多々あります。カルシウム、カリウム、ナイアシン等が多く含まれています。また、牛乳に比べ、タウリンが20倍で人乳とほぼ同レベルというのも特長です。また、ビタミンAはプロビタミンAであるβ-カロテンではなくビタミンA₁そのものであるレチノールとして主に存在しているため、β-カロテンをレチノールにするのが苦手な猫にとってもうれしいミルクです。

item2_4-2

与え方 – Description & Dosage –

犬の場合

■水分補給として使用する場合には、以下の量を1日1~3回与えて下さい。

小型犬・・・小さじ1杯 をぬるま湯に7倍くらいに溶かして。

中型犬・・・小さじ2杯         〃

大型犬・・・小さじ3杯        〃

☆もちろん毎日の食事にふりかけたり(混ぜたり)、手作りおやつに利用したり、おいしく食べて栄養バランスをさらにupさせましょう。

■離乳期の仔犬には

生後3~4週目に溶かしたシルキーゴートミルクを離乳食に混ぜて与えると固形食への切り替えが楽になります。

■老犬、病中・病後、産前後の犬への栄養補給には

体重2kgに対して小さじ1杯の割合でフードに混ぜて与えます。 産後は2週間ぐらいまで与えてください。

シルキーゴートミルクに使用するスプーン(小さじ)は他のサプリメント付属のスプーンとは別規格で5ccのサイズになります。

猫の場合

■水分補給として使用する場合には

1日1回、小さじ1杯ほどを7倍ほどのぬるま湯に溶かし、人肌ほどにさましてから与えてください。飲み残しは与えないでください。

 

もちろん毎日の食事にふりかけたり(混ぜたり)、手作りおやつに利用したり、おいしく食べて栄養バランスをさらにupさせましょう。

シルキーゴートミルクに使用するスプーン(小さじ)は他のサプリメント付属のスプーンとは別規格で5ccのサイズになります。

《使用上の注意》 

●保存料は一切使用しておりません。開封後は密封の上冷暗所保管とし、賞味期限にかかわらず約6週間以内に使い切ってください。 (冷蔵庫保管は出し入れによる温度差で結露した場合品質に影響するため、なさらないで下さい。) 使用毎に1回分ずつを溶かし、飲み残しを放置したり時間のたったものを口にしないよう気をつけて下さい。

●開封後、スプーンは袋の中に入れたままにせず、衛生的に保管してください。

●個体差がありますので、適宜増減して下さい。

●賞味期限が過ぎたものは使用しないで下さい。

●下痢等、異常があった場合は、獣医師にご相談下さい。

Comment





Comment