アーガイルディッシュ, シンプル素材

アーガイルディッシュ チア シード

title_contents_r2_1
argyledishes

「おいしさを、安心を」、これからの世代に伝えるため。
アーガイルディッシュは生まれました。

私達が食べている有機野菜やお肉をそのままに、ペットフードに仕上げました。それは単にオーガニック素材を使用したということでなく、焼きあげて袋詰めされた最終完成品が認証オーガニックとして認定機関から保証されているものです。

外見での認証されたオーガニック商品と他との違いとは、パッケージに「有機認証ロゴ」の表示ができるかできないかくらいの違いで、袋をよく注意して見ないと気づかない程度のものです。たったそれだけの違いに多くの労力や時間を費やすのは非効率と思うかもしれません。しかし、その背景は大きく異なります。幾多の基準を遵守するために費やした長いプロセスとそこから得た経験こそが、自信をもって本物のオーガニックの品質と安全性を正しく皆様へお伝えできるものとアーガイルディッシュは信じております。 

日本人が日本の愛犬、愛猫の生活環境や食習慣を考慮し作った、日本生まれ、オーストラリア育ちの認証オーガニックペットフードがアーガイルディッシュです。

 

item2_1-5

チア シード
注目度No1の新素材、食物繊維とオメガ3

60g 1,050円

 

 
item2_3-4

チアシードはシソ科に分類される植物の種です。マヤ民族やアステカ民族の時代から主要な栄養源のひとつとして栽培され、他の穀物を混ぜたり水を加えて食されていました。オーストラリアにおいてチアは「月への階段」で有名な西オーストラリアのブルームを含む、キンバリー地区で栽培されています。赤道から丁度15度が栽培に適した地域とされています。チアはサルビアの一種で、青紫色のかわいらしい花です。この種子は水を加えると、その周りに水を抱え込みジェル状になる特質があります。

豊富なオメガ3、食物繊維、アミノ酸

チアは100gあたり19.4gのαリノレン酸が含まれ、オメガ3&6は3:1の割合で含まれています。 また、チアは100g中36gという高い割合で食物繊維が含まれ、水溶性と難溶性の食物繊維が1対5とバランスがよいのも特徴です。 アミノ酸も豊富に含まれ、ニュートラルな風味であり、手作り食などに加える材料としても最適です。オーストラリア産、認定オーガニックです。 亜麻仁(フラキシード)よりも殻が柔らかく、消化もよいので今後のドッグフードの素材として注目されています。

 item2_4-1

与え方 – Description & Dosage –

対象 : 犬、猫
アーガイルディッシュのドライフードを与えている場合、1日あたりの目安として 
◆付属スプーンで 
小型犬&猫…1/2~1杯を食事の回数にわけて
中型犬   …1~2杯を食事の回数にわけて
大型犬   …2杯~を食事の回数にわけて

◆小型犬(9Kg未満)中型犬(9~18Kg) 大型犬(18Kg以上)

※チアシードは付属スプーンすりきり1杯約1.8gです。

手作り食については、上記栄養成分表をもとに適宜調整ください。
熱を加えずそのままふりかけたり、水でふやかしたものを混ぜてご使用ください。 すりつぶして使用する際は、使用する分だけをその都度すりつぶしてご使用下さい。

《使用上の注意》
開封後は高温多湿を避け、冷暗所にて保管して下さい。

Comment





Comment