アーガイルディッシュ, ケア

アーガイルディッシュ アクアセラム

title_contents_r2_1
argyledishes

「おいしさを、安心を」、これからの世代に伝えるため。
アーガイルディッシュは生まれました。

私達が食べている有機野菜やお肉をそのままに、ペットフードに仕上げました。それは単にオーガニック素材を使用したということでなく、焼きあげて袋詰めされた最終完成品が認証オーガニックとして認定機関から保証されているものです。

外見での認証されたオーガニック商品と他との違いとは、パッケージに「有機認証ロゴ」の表示ができるかできないかくらいの違いで、袋をよく注意して見ないと気づかない程度のものです。たったそれだけの違いに多くの労力や時間を費やすのは非効率と思うかもしれません。しかし、その背景は大きく異なります。幾多の基準を遵守するために費やした長いプロセスとそこから得た経験こそが、自信をもって本物のオーガニックの品質と安全性を正しく皆様へお伝えできるものとアーガイルディッシュは信じております。 

日本人が日本の愛犬、愛猫の生活環境や食習慣を考慮し作った、日本生まれ、オーストラリア育ちの認証オーガニックペットフードがアーガイルディッシュです。

 

item2_1

アクアセラム
肉球や敏感肌のお手入れジェルです。ヒアルロン酸とアロエベラエキスが、しっとり肌に浸透します。

50ml 1,995円

 

 

 

 

 

item2_3

仔犬のころに柔らかかった肉球も、成長に伴い生活環境によって変化していきます。散歩などで外に出る機会が多いほど肉球は地面の様々な刺激を受け硬くなっていきます。 また体重の圧迫による肘などの『擦れ』や『タコ』は大型犬によくみられます。毎日のお手入れは愛犬とオーナー様の肌に潤いを与えるだけでなく、信頼関係をより一層深める大切なひとときとなります。

ヒアルロン酸とアロエを配合した潤いと保護のためのジェル

私たちの皮膚同様、空調や季節による乾燥は愛犬の皮膚や肉球を乾燥させ、肉球本来の役割を果たしにくくします。ヒアルロン酸、アロエエキスおよびキュウリエキスが愛犬の敏感な肌に浸透し潤いを与え、肉球本来の役割をスムースにします。
※保湿成分は高配合ですが、べとつかずさらりとした使用感です。

お肌の万能ハーブ「カレンデュラ」を配合しました

カレンデュラは色鮮やかなオレンジ色の花を咲かせるキク科の植物です。愛犬の肌に負担をかけない天然のハーブ成分が皮膚や肉球の健康を維持します。

ペット用お手入れ品で初めて松樹皮エキスを使用しました

毎日のお散歩で受ける紫外線のダメージは、夏はもちろんのこと1年を通じて気をつけたいものです。また、適度な硬さの地面や芝生、ウッドチップなど足や肉球への負担の少ない場所でのお散歩や運動よりも、現代においては圧倒的にアスファルトを歩くことが多く、熱さ・冷たさなどから肉球が硬くなったり、ひび割れたりとダメージは様々です。松樹皮エキスは色々得意分野がありますが、そのひとつに紫外線からのダメージケアがあります。また、カカドゥプラムエキスとともに皮膚に浸透して抗酸化作用を発揮します。フラボノイドを含む植物性エキスなのでなめても安全です。(お手入れ用品で使用しましたが、本来は食べても欲しい成分です。)

使いやすく衛生的なボトル、100%の全成分を表示

チューブタイプで使いやすく、ノズル口も小さいので衛生的です。ジャータイプの商品のようにスパチュラですくったり、スパチュラも清潔に保つなどのわずらわしさがありません。また、コンパクトなので外出や旅行にも携帯しやすく便利です。また安心して日々のお手入れにお使いいただきたいので、使用している原材料全てを表示しています。

愛犬にとって健康な肉球は、

・走る際の地面との摩擦に関与したり、急な動きに対応したり

・障害物から足を保護したり

・足への衝撃をやわらげるクッションの役目をしたり

・汗をかいて体温調節をしたり

・体温を知る目安となったり

・人間の手同様神経が細かく分布し感覚を持っていたり

と非常に大切な役割を担っています。日々のお手入れにより皮膚表面のなめらかさや弾力を保つことは、体全体の健康にもつながります。アクアセラムでのお手入れは、保湿効果で室内においてもフローリングによる負担を軽減します。

成分値 – Ingredient Analysis

水、グリセリン(ヤシ油、パーム油由来:保湿成分)、クエン酸、ヒアルロン酸ナトリウム、カルボマー、BG(1,3‐ブチレングリコール ヤシ油、パーム油由来:保湿成分)、アロエベラエキス、キュ

開封後は高温多湿を避け、冷暗所にて保管して下さい。

2014-06-15 | Posted in アーガイルディッシュ, ケアNo Comments » 
Comment





Comment