アーガイルディッシュ, シンプル素材

アーガイルディッシュ ボラージ オイル

title_contents_r2_1
argyledishes

「おいしさを、安心を」、これからの世代に伝えるため。
アーガイルディッシュは生まれました。

私達が食べている有機野菜やお肉をそのままに、ペットフードに仕上げました。それは単にオーガニック素材を使用したということでなく、焼きあげて袋詰めされた最終完成品が認証オーガニックとして認定機関から保証されているものです。

外見での認証されたオーガニック商品と他との違いとは、パッケージに「有機認証ロゴ」の表示ができるかできないかくらいの違いで、袋をよく注意して見ないと気づかない程度のものです。たったそれだけの違いに多くの労力や時間を費やすのは非効率と思うかもしれません。しかし、その背景は大きく異なります。幾多の基準を遵守するために費やした長いプロセスとそこから得た経験こそが、自信をもって本物のオーガニックの品質と安全性を正しく皆様へお伝えできるものとアーガイルディッシュは信じております。 

日本人が日本の愛犬、愛猫の生活環境や食習慣を考慮し作った、日本生まれ、オーストラリア育ちの認証オーガニックペットフードがアーガイルディッシュです。

item2_1-6

 

ボラージ オイル
γリノレン酸を最も含むナチュラル素材

60g 3,570円

item2_3-5

 

 

 

 

 

ボラージ種子オイルは、オーストラリアではその星のような花の形からStarflower Oil(スターフラワーオイル)と呼ばれています。 花色は青や白があり、日本では「ルリチシャ」とも呼ばれています。

ボラージは、古くより花・葉・種子それぞれが様々な用途に利用され、現代においてもその花色の美しさをいかした砂糖菓子(クリスタライズド)や、葉はティーなどに使用されるハーブです。

必須脂肪酸とは体に必要不可欠な脂肪酸のことで、動物の体内で作ることができないため、食餌などを通して摂取しなければなりません。一般的に犬の必須脂肪酸はリノール酸・αーリノレン酸、猫の必須脂肪酸はリノール酸・アラキドン酸といわれています。 健康な犬はリノール酸からγーリノレン酸に変換できるため、γーリノレン酸は必須脂肪酸にはあたりませんが、バランスのよいγーリノレン酸の補給は皮膚や関節を健康に保ちます。 猫においてはリノール酸とアラキドン酸が必須脂肪酸です。アラキドン酸は魚油・卵などに含まれていますが量としては多くはありません。γ-リノレン酸は猫の体内においてもアラキドン酸に変換されるため、猫にとってγ-リノレン酸は健康を保つ栄養素となります。 γーリノレン酸は、ボラージ種子のほか月見草種子、母乳にも多く含まれています。一般的には入手原料は少なく限られています。 ボラージオイルには月見草油の約2倍の25%のγーリノレン酸がふくまれており、非常に効率よく摂取することができるオイルです。 ボラージオイルは体の中から愛犬・愛猫の健康な被毛を保ちます。

原材料 – Active Ingredients

ボラージオイル、ゼラチン(カプセル)

成分値 –  Ingredient Analysis

脂肪酸構成
ガンマリノレン酸 23.6%
リノール酸 36.8%
パルミチン酸 9.9%
オレイン酸 15.2%
ステアリン酸 4.0%
イコセン酸 4.0%
不けん化物 2.0%以下
水分 0.1%以下
ブラシカステロール 0.3%以下

成分構成 10Kcal/カプセル

与え方 – Description & Dosage –

対象 : 犬、猫

<1日量>
小型犬&猫…… 1/3カプセルを食事の回数にわけて
中型犬   ……  1/2カプセルを食事の回数にわけて
大型犬   ……  1 カプセルを食事の回数にわけて

◆小型犬(9Kg未満)  中型犬(9~18Kg)   大型犬(18Kg以上)

《使用上の注意》 
カプセル先端に清潔な針などで穴をあけて搾り出してお使いください。(けがをしないようご注意下さい。) 残った分はお手持ちの容器に入れ、冷蔵庫で保管し数日中にお使い下さい。密閉再現性の高いカプセルを使用しておりますので、開けた穴から多量にオイルが流れ出てしまうことはありませんが、2回目以降は同じ側に穴をあけてご使用下さい。(開けた穴の大きさにより2回目以降穴を開けなくても搾り出すことが出来る場合がありますので加減下さい。)
また、針を刺したままの状態での保管は酸化を進めるとともに危険ですのでおやめください。
カプセルのままご使用いただいても何ら問題はありません。
商品開封後は冷蔵庫で保管ください。

Comment





Comment