シーズンケア

フィラリア予防開始の時期です

schnoodle-3297816_640年々春は短くなり、3月にもかかわらずの夏日の出現。亜熱帯化していきている日本ですが、それに伴い蚊の発生も早くなっています。

犬のフィラリア予防は蚊が発生する前(遅くても5月までには)獣医師の検査を受けてお薬を処方してもらいます。犬フィラリアは蚊を媒介して肺動脈や心臓に寄生し、成長すると30cmにもなる糸上の寄生虫です。万が一フィラリアに寄生すると死に至ることもありますので、蚊の活動期間の5月から12月までは毎月1回予防薬を与えましょう。

また、万が一、既にフィラリア症にかかっていた場合にお薬をあげるとショック症状を起こすことがあります。必ず病院で検査を受けて、フィラリアにかかっていないことを確認してからお薬を処方してもらって下さい。

毎日のお散歩を安全で楽しいものにするためにも、季節ごとのケアを大事にして下さいね。

2018-04-09 | Posted in シーズンケアNo Comments » 
Comment





Comment